着物の歴史

着物が作った時代

町人文化が生んだお太鼓結び。帯も着物買取が可能です。

日本人の歴史は着物の歴史であるといっても良いほど、大変生活と結びつきが深いものです。
そもそも着物の原型ともいえるものは古墳時代にはすでにあったとされており、生活習慣や文化の発達とともに着物の形状や素材、模様、そして着こなし方が変化してきました。江戸時代には現在の着物がほぼできあがったといっても良いかもしれません。そこにはお太鼓結びの登場が関係しています。

江戸時代は鎖国制度がとられ、海外との交流は閉ざされていました。それが幸いしたのか、庶民は経済力を持つようになり、それに伴い町人文化も発達していきます。現代でも着用されることが多く、また着物買取でも人気がある小袖も江戸時代にほぼ完成したとされており、この当時から金糸を用いたり華やかな色合いのものが好まれるようになりました。単に豪華なものだけでなく、現代でいうのであれば斬新な模様も着物の柄として採用されていたようです。

その流行の発信元はというと、当時人気絶頂であった歌舞伎の舞台衣装などが元になっていることが多いようです。人気のある歌舞伎を見た町人たちが、その登場人物の衣装を真似したというのですから、いつの時代も人々が行うことは変わらないという印象です。さらに本格的な帯の結び方の一つとされているお太鼓結びもまた、江戸時代後期に誕生したといわれています。お太鼓結びとは帯に帯締めと帯揚げを使用するもので、町人文化によってもたらされた結び方の一つです。

着物買取では、着物そのものだけでなく、帯に関しても積極的に買取している場合がほとんどです。なぜなら着物を着る際には帯も欠かせない存在だからです。現代においても着物も帯も決して安いものではありません。高い着物はそう何枚も買えませんが、様々な帯をコーディネートすることによって手持ちの着物の印象をガラリと変えることができますから、バリエーションとしていくつもの帯を使いこなす人が多いのです。シンプルな着物であればあるほど、様々な帯をコーディネートしやすいですし、その需要はかなりのものです。使用機会が減ってしまったものや、柄に飽きてしまったものなどは着物買取に出すと無駄がありません。

もちろん帯に限らず他の小物類も取り扱っている着物買取店が多いですが、小物類については着物買取店それぞれによって買取内容が異なってきます。もちろん着物そのものも着物買取に依頼することができます。それこそ江戸時代の、奇抜な模様の着物があれば高額査定も期待できそうです。