着物の歴史

着物が作った時代

戦地でも着た着物や小袖の歴史と着物買取り

日本の衣装の変遷として、古代から奈良時代にかけてはズボンやスカートのような衣服の上下の組み合わせや、ワンピースのような形の衣装が主流だったのですが、平安時代になると直線裁ちで着る人の体型にとらわれない衣装が作られるようになりました。それが着物の始まりです。

このような着物は寒い時には重ね着をしたり、暑い時には麻で造られた着物を着たりして、素材や着方を工夫することができます。また着物の色の組み合わせが楽しめるようにもなってきましたが、政治的階級によって着る色が決まってくるなど、色が重んじられるようにもなってきました。公家装束として華やかな着物が使用されましたが、そのころ庶民は袖が筒形の小袖の着物を着用していました。しかし公家たちはそれを下着として着用していたのです。

鎌倉時代や室町時代には男女とも華やかな色の着物を着るようになりました。武士の勢力が広がるにつれ戦地に向かう武将の衣装も華やかでそれぞれの個性を表したものとなり、まるで戦地ファッションショーのようだったのです。

このころ庶民が着ていた小袖が動きやすくて良いということで、武家の夫人の間でも表着の正装として用いられるようになりました。その後武士の間でも今まで下着として使っていたものが、上着として用いられるようになったのです。

江戸時代には藩制度が敷かれ、裃と袴が藩の制服のようになり藩ごとに模様も決まっていました。
そして小袖も一般的に着られるようになって色柄もどんどん華美になり、江戸幕府から禁止令が出るほどになりました。しかしそんな中でも袖がだんだん大きくなり振袖が誕生したのです。

着物にはこのような歴史があり日本人の着るものとして長い間用いられていたのですが、明治時代に欧米諸国と交流が持たれるようになってから洋服文化が高まってきました。
それでも着物を着る機会も多かったのですが、最近の日本では花嫁道具の一つとして自宅に着物を持っていても着たことがないという人も多いでしょう。

そんなときは着物買取り店に買取ってもらうことをおススメします。
着物買取りで買取ってもらった着物はリメイクやリサイクルできれいに加工され新品のようによみがえるのです。
そのような加工をしてもらえる着物買取り店に不要になった着物を持っていくことで、収入にもなり着物が再度市場に出るようになるのです。

反面着物を必要としている人もたくさんいて、新品では高価ですが中古でもきれいな着物が欲しいという人もいるので、着物買取りで買取ってもらうことは買取ってもらった人にとっても着物を欲しかった人にとっても有意義なことなのです。ですから自宅で不要になった着物は着物買取店に持っていってみましょう。